CSR活動

Corporate Social Responsibility

TOP

CSR(企業の社会的責任)

環境通信輸送では、コンプライアンス(法令遵守)、情報開示といった企業が社会に対して果たすべき責任について取り組むとともに、お取引先・地域住民・株主の皆様や従業員など幅広いステークホルダーとの双方向のコミュニケーションを充実させ「信頼の輪」を広め、「自然共生社会」「低炭素社会」「循環型社会」の実現に向けて、企業として最大限の環境保全に努め、持続可能な社会作りへの貢献を目指します。

 

CSR活動の一環として、公益社団法人全日本トラック協会の定めるトラック運送事業者の交通安全対策への一定の基準をクリアした事業所として認められる「Gマーク」、環境保全を目的とした取り囲みを行っている運送事業者に対する認証制度「グリーン経営認証制度」、環境マネジメントシステム「ISO14001」の取得、東京都による優良な産業廃棄物処理業者を認定する「産廃エキスパート」、茨城県による地球環境に配慮した取り組みを積極的に実践している事業所「茨城事業所」の登録、個人情報の適切な保護措置を整備している事業者として認められる「プライバシーマーク制度」など持続的な環境保全への取り組みを積極的に行っています。

1.環境保護に関する基本理念

当社は、企業に強く求められている地球環境保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、「自然環境の保全に努め、環境に配慮したより良い企業活動」を行うことを基本理念とし、常にこの理念を追求し、変化し続ける現在の社会とお客様ニーズに迅速に対応するとともに、地域社会にも配慮した物流・環境サービスを提供し、その信頼に応えます。

当社における「環境方針」はこちら

当社の事業活動の取り組みによる環境保護への貢献

当社は、常に限りある資源の消費を抑制し、環境への負荷低減に貢献するよう、事業活動から発生する産業廃棄物の適正処理や資源の循環利用に取り組みます。
当社は、循環型社会形成推進基本法に基づく廃棄物処理法等の規範を守るとともに、環境マネジメントシステム(ISO14001)認証及びグリーン経営認証等に基づく適正な運用管理を実施します。

循環型社会形成への貢献

  1. ゼロ・エミッション推進の中核事業として、コンクリート電柱の処理で発生する「がら」は舗装材料へ製品化するなど、循環型社会形成に積極的に貢献しています。
  2. (財)茨城県環境保全事業団の循環型溶解処理施設「エコフロンティアかさま」への出資を行うなど、循環型社会の形成に取り組んでいます。
  3. 産廃処理業関連団体と連携し、毎年定期的に不法投棄撤去に向けたボランティア活動およびパトロール活動に参加し、環境保全活動に取り組んでいます。

他企業等から排出される産業廃棄物の処理による環境保護への貢献

当社は、企業に強く求められている「環境保護」に世の中に先駆けて事業として取り組み、各企業から排出される産業廃棄物のリサイクル・産廃事業(収集・運搬・中間処理)活動を通じ、環境保護に貢献する企業として、今後も更に発展・成長していくことを目指します。
当社は、排出事業者から求められているマニフェストに基づき、産業廃棄物の適正な処理等コンプライアンスを遵守します。

地域・行政における環境保護への貢献

当社は、常に地域社会における騒音、振動、粉塵、水質汚染等に配慮した取り組みと、CO2抑制によるクリーンな環境維持などにより、地域の環境保護への貢献を通じて共存・共栄を目指します。

2.環境保護に向けた取り組み

不法投棄撤去ボランティア等への参加

近年、産業廃棄物等の不法投棄が大きな社会問題となっていることから、当社では地域産廃処理業関連団体と連携し、毎年定期的にボランティア活動及びパトロール活動等を行い、環境保全活動に取り組んでいます。

茨城県産業廃棄物協会 県南支部での活動

茨城県産業廃棄物協会 県南支部の一員として、毎年積極的に不法投棄撤去ボランティア等の環境美化活動に参加しています。

不法投棄撤去ボランティア参加不法投棄撤去ボランティア参加

筑波山クリーンアップ大作戦参加筑波山クリーンアップ大作戦参加

神奈川県県央地区廃棄物処理協議会での活動

神奈川県県央地区廃棄物処理協議会の一員として、不法投棄撲滅キャンペーン・不法投棄通報パトロール等に参加し、不法投棄撲滅を推進しています。

不法投棄撲滅キャンペーン参加不法投棄撲滅キャンペーン参加

不法投棄通報パトロール参加不法投棄通報パトロール参加

事業所周辺の清掃活動

地域への環境美化活動として事業所周辺の草刈り・ゴミ拾い等の清掃作業を定期的に行っています。

3.二酸化炭素(CO2)排出量削減への取り組み

わたしたちは、運送業に携わる企業として積極的にエコドライブを推進し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいます。日々の省エネ運転の徹底に加えて、全車両へデジタルタコグラフやセイフティレコーダ®を導入することで運行効率・車両燃費の向上を図るとともに、低公害車への車両更改を計画的に行うなど、環境保全に向けて最善を尽くし貢献いたします。

【当社実績データ】

二酸化炭素排出量削減の取組みとして、デジタルタコグラフ・セイフティーレコーダの導入を行い、運行効率・車両燃費の向上を図っています。
また、低燃費車への車両更改を計画的に行い、二酸化炭素排出量削減に取組んでいます。

<注記>

二酸化炭素排出量については、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令」(算定省令)及び「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル」(環境省・経産省)に基づき算出

4.個人情報保護に関する取り組み

当社は、JIS規格に準拠した個人情報保護に取り組み、その一環として平成21年3月12日に「プライバシーマーク認定」を取得いたしました。プライバシーマークは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運用する「プライバシーマーク制度」 に基づき、当社における個人情報の取扱いが日本規格協会によって制定された「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項JIS Q 15001」に準拠していることが認定され、的確に運用しています。

Copyright © Kankyo Tsushin Yuso All Rights Reserved.